2015年06月27日

個人再生とは借金整理の一種で

個人再生とは借金整理の一種で借金を減らしてその後の返済を緩和するといったものです。



これを実行する事によってほとんどの人の生活が楽な感じになっているという実証があります。


私もこのまえ、この債務整理をして助かりました。任意整理を依頼する費用の相場っていくら位なのだろうと疑問に思ってググって調べてみた経験があります。



私には多額の借金があって任意整理をしたかったからです。任意整理に必要な金額には幅があって、相談する場所次第でバラバラだという事がわかりました。

自己破産とは、借金を返すことがもう明らかに無理だということを裁判所から理解して貰い、法律上で、借金を取り消してもらう事が出来るシステムです。



生きていくのに、最低限必要な財産以外のものは、全てを手放すにことになります。
日本の国民であるならば、誰もが自己破産ができるでしょう。
銀行に借金をしている場合は、自己破産を申請するとその銀行口座を凍結される可能性もあります。

ですから、事前に残金を手もとにおいておいた方がいいです。


銀行はリスクマネジメントを行い、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。

口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかも知れませんが、銀行側にとっては、そうあるべ聞ことなのです。交渉を通して合意成立した後に、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査のタイミングではじかれてしまいます。

一度でも信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が消されるまでには5~10年の時間が必要ですから、その時を待てば借金をする事が可能です。
借金整理をしてみたことは、会社に知られないようにしたいものです。
職場に連絡されることはないので、見つかることはないでしょう。



でも、官報に載ってしまう場合もございますので、見ている方がいれば、気付かれる可能性もあります。

何社かの金融機関からの借り入れや複数のカードで借入をしていると月毎の返済が大聴くなり生活の負担になってしまう場合に債務整理をすることで、負債を全てまとめて一つに統合することで月々の返済金額を相当金額少なくする事ができるというあまたのメリットがあります。
債務整理をしていても生命保険を解約する必要がない場合があったりします。任意整理を実行しても生命保険を辞める必要はありません。注意する必要が生じるのは自己破産をする場合です。
自己破産をすると裁判所から生命保険を辞めるように指示される場合があります。
posted by シャドウ at 23:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする